FC2ブログ

チャリンコおやじ

自転車にハマッたオヤジの日記です。

粟ヶ岳ハイキング

世間では8連休だの10連休だと事だが、零細企業の当社は12日からの4日間だけ。しかも12日は休日出勤(涙)
午前中はお墓のお掃除でマッタリ。午後から家内と先日の駒ヶ岳リベンジじゃないが、超お手軽な粟ヶ岳ハイキングに行くことにした。
13時少し前に自宅出発30分ほどで東山いっぷく処裏のちゅうしゃじょうに到着。早速2人で上り始める。最初は民家の入口のような所をクネクネと、ハイキングコースの看板に従って茶畑の間の簡易舗装の急坂を上がっていく。茶畑の間で陽を遮るものは何もなくとにかく熱い! それでも自転車に比べればかなり楽じゃないかな? 歩きなら、ちょっと止まって水も飲めるしね。舗装路が終わり、山道にはいるところで小休止。家内はバテバテで「此所でこんなに大変じゃ駒ヶ岳に登らなくて良かった」って言っているし(笑) 山道に入りしばらく歩くと原生林の中に入っていく。最初は良かったが昨日降った雨の影響でジメジメした雰囲気に。辺りからブンブンと蚊の音がしている。こりゃたまらんと逃げるようにして茶店到着。モヤがかかって景色はイマイチ。しっかり測ったわけではないが50分くらいかな。
茶店ではかき氷を頂いた。冷たくて美味しい。茶店にいると何人かが自転車で上がってきた。この暑いのにみんな頑張るね!
30分ほど休んで下山開始。蚊のいる原生林は避け、途中までは車道を下りていく。豊橋ナンバーのおじさん(失礼)に歩いてきたのかと聞かれた。そうだよと答えたら凄いねーと返事。いやいや、この位は全然凄くないです。車道を下りていくと茶文字の看板があった。ヘェ~。この木が茶文字の一部か。遠くから見ると綺麗だけど、近くだとなんだか分からんね。途中からハイキングコースに復帰。茶畑の間の急坂を下りていく。段々膝がおかしくなってきた。普段自転車ばかり乗っていて、膝で体重を支えたことがないから弱いのだろう。ペースを落としゆっくりと下りていく。途中、茶畑の消毒を行っていたので茶畑の間に迂回したりして、30分ほどで下山。お疲れでした。

急いで家に戻り、トオルちゃんの所で明日からの琵琶一のための自転車の積み込み。1泊2日で楽しんできますよ!

体重60.1㎏ 体脂肪19.9%

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト



  1. 2010/08/13(金) 20:38:22|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

木曽駒ヶ岳にリベンジが・・・

2007年7月に駒ヶ岳に登ったが生憎の天気で景色はまったく見えず、雲の中を歩いただけだった。もう一度登って雄大な景色を見たい言う家内のリクエストに応えて行ってきましたが・・・
2時半起床。着替えて顔を洗って3時出発。寝ぼけていたのか、リアのハッチを開けたまましばらく走ってしまい、荷物を落としたかも?と、慌ててUターン。落とし物は無く胸をなで下ろした。東名高速を西へ。時間が勿体ないので朝食は運転しながらおにぎりを食べた。東郷PAでトイレ休憩。春日井で下りて長男をピックアップ。再び高速に乗り小牧JCTで中央自動車道へ乗り換え、屏風山PAでトイレ休憩&補給食購入。恵那山トンネルを越え、予定通りの6時40分駒ヶ根山へ向かうバスの出る管の台バスセンターに到着。
駐車場の入口に警備員まで出ていて前回と様子が違う。バス停にも人が一杯。警備員に話を聞くと、ロープウエイの試運転時に非常停止がかかり、止まってしまった。現在は動くのだが、なぜ非常停止が掛かったのか原因分からず運行を取りやめているとのこと。エェ~~!!せっかく此所まできてそれはないっしょ!
そんなことを言っても動かないことに変わりは無いわけで、もしかしたら直るかもしれないのでしばらく待機。近くをブラブラしたり車の中でラジオを聞いたりして時間をつぶす。
待つこと2時間。9時前になって午前中の復旧の見通しは立たずとのアナウンス。何時直るか分からないロープウエイを待っていてもしょうがない。たとえ午後から直って登ったとしても山頂まで行ってくる時間はない。今回は泣く泣く諦めました。
で、これからどうしよう? せっかくここまで来たのだからそのまま帰るんじゃもったいない。でも、この辺りの観光地が分からない。観光案内所もあったが10時にならないと開かないようだ。ここに居てもしょうがないのでとにかく出発。駒ヶ根ICを過ぎ。S北原を右折すると・・・ そこはブルベで走った事のある伊那広域農道。なつかし。たしかこの先に道の駅があったはず。そこまで行けば何か情報があるかも? 道の駅花の里いいじまに着いたが時間が早すぎて中には入れず・・・ このままウロウロしていてもしょうがないので、前に行ったことのある中津川の馬籠塾と恵那峡に行くことにした。

馬籠宿はこんな感じ。
sP1010172.jpg

恵那山をバックに
sP1010169.jpg

恵那峡、遊覧船から
sP1010202.jpg

屏風岩
sP1010192.jpg


駒ヶ岳には登れなかったが、家族サービスとしてはまずまずか?
でも、駒ヶ岳にはもう一度挑戦してみたいなぁ・・・

体重59.5㎏ 体脂肪20.2%

人気ブログランキングへ

  1. 2010/08/08(日) 20:44:43|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

富士登山

富士山より無事に帰還いたしました。須走口から登ったのですが、予想通り、富士吉田口からの合流で大渋滞。頂上での御来光は拝めませんでしたが9合5勺目辺りで拝むことが出来ました。

御来光

詳細は時間があったら書きますね

人気ブログランキングへ

  1. 2008/07/28(月) 19:32:12|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

matu chan

Author:matu chan
誕生日 3/19
年齢 50才
性別 男性
血液型 O
職業 会社員
現住所 静岡県

静岡県西部地方の東に住んでいます

仕事 サラリーマン

家  兼業農家の長男
    主にお茶と米を生産

趣味 自転車
1号機 Giant CRS-1 2004
2号機 ANCHOR RFX8 2006
3号機 ANCHOR RNC7 2010
4号機 ANCHOR RL8 2013

    ソフトボール
    パソコン

家族 家内
    長女(藤枝)
    長男
    次男
    じいちゃん
    ばあちゃん
    ルル(猫)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる